(議会改革をたどって:9)「号泣会見」が変えた

有料記事

[PR]

 この連載では議会改革に真摯(しんし)に向き合う議員たちを紹介している。だが「議員なんて」と思う住民も多い。

 マイナスイメージの源をたどると、一つに「政治とカネ」をめぐる議員の不祥事がある。あの「号泣会見」がそうだった。

 「城崎(きのさき)、佐用など日帰り195回 野々村氏目的示さず300万円 …

この記事は有料記事です。残り1031文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。