iPS治験、初の移植 パーキンソン病患者向け

有料記事

[PR]

 京都大は9日、ヒトのiPS細胞からつくった神経細胞を、パーキンソン病の患者の脳に移植したと発表した。iPS細胞からつくった細胞を実際の患者に移植したのは、国内では目の難病に続く二つ目で、脳への移植は世界で初めて。

 京大によると、移植手術は10月に実施。患者は50代の男性で、術後の経過をみていたが…

この記事は有料記事です。残り390文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント