[PR]

 ▼写真集『フクシマノート』(冬青社・4860円)は、写真家、小林惠が東日本大震災が起こった2011年の5月から今年7月までの7年余をかけ、福島第一原発事故の被災地を訪れて撮影したモノクロ写真81点を収録している。「山林を造成した汚染廃棄物仮置場」「避難留守宅の番犬」「牛舎に残された遺言」など、普通…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも