[PR]

 ■知ることは思い出すこと

 言わずと知れたプラトン。西洋思想の原点にいる古代ギリシャの哲学者だ。プラトンの著書は対話の形式で書かれており、そのほとんどで主役は「ソクラテス」である。『パイドン』はソクラテスが刑死の直前に仲間と交わした討論ということになっており、プラトン哲学の中心にあるイデア論をまと…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも