[PR]

 物理学で優れた業績をあげた人に贈られる今年度の仁科記念賞が、独マックス・プランク重力物理学研究所の柴田大ディレクター(52)と、京都大の田中耕一郎教授(55)の2人に決まった。仁科記念財団が9日、発表した。授賞式は12月6日にある。

 柴田氏は中性子星が合体したときに起きる現象を、数値計算で予測す…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも