[PR]

 マツダの丸本明社長は、欧州におけるディーゼルエンジン車の販売を強化する方針を明らかにした。欧州では独フォルクスワーゲン(VW)の排出ガス不正などでディーゼル車への嫌悪感があり、規制強化も進む。各社が車の電動化に軸足を移すなか、「各ブランドが撤退していくのはチャンスだ」と語り、逆張りの戦略で臨む。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも