[PR]

 朝日新聞社と米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)の提携90周年を記念するシンポジウムが9日、東京都文京区の東京大学であった。聴衆約750人を前に、NYTコラムニストのトーマス・フリードマン氏が、技術によって激変する社会について講演した。無秩序な動きが広がっているとし、「家族や地域といった人々の結びつきがますます重要になっている」と指摘。それを支えるジャーナリズムの役割を強調した。▼34面に記事

こんなニュースも