[PR]

 トランポリンの世界選手権第3日は9日、ロシアのサンクトペテルブルクで行われ、非五輪種目のシンクロナイズド決勝で女子は予選1位の森ひかる(金沢学院大ク)、宇山芽紅(スポーツクラブ テン・フォーティー)組が48.340点をマークし、全種目を通じて日本女子初の金メダルを獲得した。(共同)

こんなニュースも