紀平V、世界の主役に フィギュア・NHK杯 10日

有料会員記事

[PR]

 日本女子の次世代のエース候補、紀平梨花(きひらりか)(関大ク)が、グランプリ(GP)シリーズのデビュー戦では日本勢初となる優勝を決めた。第4戦は男女とペアのフリーがあり、女子は紀平が1位となり、ショートプログラム(SP)5位から逆転した。SP2位で第1戦のスケートアメリカを制した宮原知子(さとこ)…

この記事は有料会員記事です。残り2158文字有料会員になると続きをお読みいただけます。