「リード」男子、表彰台を独占 スポーツクライミング・アジア選手権 10日

有料会員記事

[PR]

 鳥取県倉吉市で、「リード」の決勝があり、男子は日本勢が表彰台を独占。藤井快(こころ)(TEAM au)が2連覇を達成したほか、西田秀聖(奈良・天理高)が2位、高田知尭(ともあき)(鳥取県協会)が3位に入った。女子は野口啓代(あきよ)(TEAM au)が2位、小武芽生(めい)(エスエスケイフーズ)が…

この記事は有料会員記事です。残り265文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら