大学共通テスト、試行調査2回目 平均正答率、5割目指す

有料会員記事

[PR]

 大学入試センター試験に代わり、2020年度から始まる「大学入学共通テスト」に向けた2回目の試行調査が10日、始まった。2年後の「本番」を想定した形で、大学を中心とした全国528会場で8万人以上の高校2、3年生が問題を解く予定。試行調査は11日も続き、結果は来年3月までに公表される。▼2面=やさしく…

この記事は有料会員記事です。残り341文字有料会員になると続きをお読みいただけます。