折々のことば:1284 鷲田清一

有料会員記事

[PR]

 いま在る

 あなたの如(ごと)く 私の如く

 やすらかに 美しく 油断していた。

 (石垣りん)

    ◇

 広島に原爆が投下された「午前八時一五分は/毎朝やってくる」と、詩人は詩「挨拶(あいさつ)」(1952年)に記す。核の装備があちこちでなされ、地球は「生と死のきわどい淵(ふち)」にあるのに…

この記事は有料会員記事です。残り75文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載折々のことば 

この連載の一覧を見る