(評・音楽)アラン・ギルバート指揮、NDRエルプフィル 最後の音符、見定めた高揚

有料記事

[PR]

 NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団(前身はハンブルク北ドイツ放送交響楽団)が、次期首席指揮者アラン・ギルバートと来日した。ワーグナー「ローエングリン」第1幕前奏曲の後はベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番。予定されていたエレーヌ・グリモーのキャンセルを埋めたのは巨匠ルドルフ・ブッフビンダー。超大物…

この記事は有料記事です。残り580文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!