「約束なしのお別れ」ではない結末を 「Ay曽根崎心中」17年間添い続ける阿木燿子

有料記事

[PR]

 近松門左衛門の「曽根崎心中」とフラメンコを融合させた「Ay(アイ)曽根崎心中」が12月12~20日、東京の新国立劇場中劇場で上演される。初演から17年。夫で音楽監督の宇崎竜童と舞台を育ててきたプロデューサーの阿木燿子は「やっと私たちの作品になった」と語る。

 遊女お初と徳兵衛の悲恋を描いた物語。阿…

この記事は有料記事です。残り696文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!