(評・舞台)平成中村座、十八代目中村勘三郎七回忌追善 父を超え新たな展開、期待

有料会員記事

[PR]

 十八代目中村勘三郎七回忌追善として、東京では3年ぶりの平成中村座公演。遺児中村勘九郎七之助にとって、満員の盛況は何よりの孝養で、勘九郎の息子勘太郎・長三郎の成長も楽しみだが、父の遺産が時には自由な新展開への足かせになっていないだろうか。父の領域にとらわれない古典の初役や、新機軸も大いに期待したい…

この記事は有料会員記事です。残り618文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら