[PR]

 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟国が、来年以降の減産について話し合う見通しになった。12月のOPEC総会に合わせ、年末までの予定だった原油の協調減産の期間延長などを検討する。世界経済の減速で需要の伸びが鈍るとの見方に加え、イランへの制裁の影響が一時的に和らぐ見通しになったことで、原油価…

この記事は有料会員記事です。残り596文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り596文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り596文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!
こんなニュースも