(ニュースQ3)19歳、司法試験合格への道

有料記事

[PR]

 今年の司法試験で現在の制度となって最年少の合格者が誕生した。慶応大学1年の栗原連太郎さん(19)。最難関と言われる試験にどうやって受かったのか。

 ■現行制度で最年少

 栗原さんは、司法試験の合格発表があった9月11日の時点で19歳4カ月。司法制度改革の一環で2006年に始まった現行制度では、最…

この記事は有料記事です。残り1215文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント