[PR]

 北海道の名付け親として知られる探検家松浦武四郎(1818~88)の生誕200年を記念した展覧会が、東京都世田谷区の静嘉堂文庫美術館で開催中だ。「蝦夷(えぞ)地」と呼ばれた北の大地を調査した探検家は、全国を精力的に訪ねた古物の大収集家としても名をはせた。コレクションなど約130点を紹介している。

 …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも