中国対抗を懸念、「構想」に変える インド太平洋「戦略」

有料会員記事

[PR]

 安倍政権が掲げる「自由で開かれたインド太平洋戦略」について、政府は今月から「戦略」の呼び方をやめ「構想(ビジョン)」に変えた。中国との関係も深いアジア諸国から、中国の「一帯一路」構想に対抗するものだと警戒する声があったため、より受け入れやすいようにしたという。

 安倍晋三首相は13日、ペンス米副大…

この記事は有料会員記事です。残り272文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら