[PR]

 内戦が続いている中東イエメンで、今月3日まで首都サヌアと西部ホデイダを訪れた国連児童基金(ユニセフ)の担当者が朝日新聞の電話取材に応じ、「10分に1人のペースで子どもが予防できるはずの病気で命を落としている。子どもにとって今のイエメンは世界最悪の場所だ」と訴えた。

 イエメンでは民主化運動「アラブ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも