[PR]

 リハビリ以外に有効な治療法がない脊髄(せきずい)損傷。iPS細胞などを使った再生医療への期待は高い。▼1面参照

 脊髄損傷は首や背中など起きた場所によって手や足がまひする。損傷部を修復する治療法は確立されておらず、リハビリでわずかに残る機能の回復を目指すより手立てがない。

 体に装着したロボットで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも