クールジャパン機構争う姿勢 日本茶カフェ巡る訴訟

有料記事

[PR]

 官民ファンド「海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)」と組んで米国で「日本茶カフェ事業」を展開する長崎県の企業グループが、機構に約4千万円の損害賠償と出資契約の無効確認を求めた訴訟の第1回口頭弁論が13日、東京地裁(鈴木正弘裁判長)であった。機構は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。訴状によると…

この記事は有料記事です。残り93文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません