[PR]

 7月の西日本豪雨を受け、農林水産省は13日、災害対策を優先的に進めるべき「防災重点ため池」の新たな選定基準を発表した。現在は約1万1千カ所あるが、新たな基準では5万カ所を超える見込み。来年5月までに都道府県が選定し、来年度中に位置などを示した地図を市町村が作る。

 国は東日本大震災を受けて2015…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも