[PR]

 千葉県印西市の老人ホームで昨年、職員ら6人が睡眠導入剤を混ぜた飲み物をのまされ、相次いで交通事故死するなどした事件で、殺人や殺人未遂などの罪に問われた准看護師、波田野愛子被告(72)の裁判員裁判が13日、千葉地裁で始まった。争点となった殺意の有無について被告は「なかった」と否認し、検察側の主張と真…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも