[PR]

 学校の働き方改革をめぐって、中央教育審議会の検討が大詰めを迎えつつある。柱のひとつは、教師の時間外勤務に一定の上限を定めることだ。働き方改革関連法の成立を受け、民間企業などで時間外の上限となる「月45時間以内、年間360時間以内」という原則を、教師にも適用することを検討している。

 だが現実には…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも