[PR]

 ■奈良文化財研究所主任研究員

 前回、前々回と、年輪年代学的な同一材の推定を通じて、斎串(いぐし)や人形(ひとがた)、木簡の削屑(けずりくず)などが接合できた事例を紹介してきました。この検討を進める中で個々の遺物の接合だけでなく、年輪年代学的にも新たな知見が得られました。

 通常の年輪年代測定で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも