[PR]

 ■文具王・高畑正幸さんに聞く

 芯が折れず、描線にムラがない。そんな発達を遂げたシャープペンシル(シャーペン)は、ほかにも、様々な工夫が凝らされている。

 「文具王」の高畑正幸さんがまず挙げたのは、2014年発売のトンボ鉛筆のモノグラフ。軸を縦方向に振ると芯が出る。後部の軸を回転させて繰り出す内…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも