[PR]

 米科学誌サイエンスが読者の投票で選んだ2017年の革新的科学ニュースのトップは遺伝子治療でした。遺伝子の異常で筋肉が萎縮し、生後約1年で呼吸ができなくなって人工呼吸器が必要になる「脊髄性筋萎縮症(せきずいせいきんいしゅくしょう)(SMA)1型」の子ども15人に遺伝子治療を実施したところ、全員が20…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも