[PR]

 「多数派」が選ぶ道は常に正しいのか。イプセンが1882年に発表した戯曲「民衆の敵」は、その問いが今の社会にも通じることを示している。四面楚歌(そか)の状況に置かれながらも我が町の「不都合な真実」を告発する医師を、堤真一が演じる。

 北欧の小さな港町で温泉が見つかる。観光振興への期待に沸き立つ人々…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも