[PR]

 衆院法務委員会は15日、外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法(入管法)改正案について、16日に審議入りすることを葉梨康弘委員長(自民)の職権で決めた。野党側は反発を強め、15日も各党国会対策委員長が成立を阻止する方針を確認した。

 与党側は安倍晋三首相の外遊の合間を縫って法案を審議し、12…

この記事は有料会員記事です。残り236文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り236文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り236文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも