[PR]

 日本オリンピック委員会は15日に常務理事会を開き、加盟団体のガバナンス(組織統治)について監督を強化していく方針を固めた。スポーツ界で相次ぐ不祥事を受け、超党派のスポーツ議員連盟による有識者会議では、国が監督役を果たすべきだという意見が多数を占めたが、平岡英介専務理事は「弁護士事務所との幅広い連携…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも