[PR]

 日本映画の多様性を考えた場合、商業映画からこんな怪作が平気で飛び出してくることの貴重さを噛(か)み締めるべきだろう。山下敦弘監督が、盟友である脚本家の向井康介と組んだ最新作は、世間の枠外あるいは最底辺で生きる男たちの滑稽で物哀(ものがな)しい重喜劇である。

 原作は平成初期に発表された狩撫麻礼(か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも