[PR]

 ■極貧がつくる人の強さと怖さ

 一九二九年、世界大恐慌が起こった。お祭り騒ぎの二十年代(ゴールデンエイジ)が終わり、重苦しい三十年代が始まった。この時代を生きた人間の強さと恐ろしさを同時に描き切るグレート・アメリカン・ノベルこそ、本書なのだ。

 舞台は大恐慌後の中西部オクラホマ。不況と日照りと砂嵐…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも