玉城氏、米政府の姿勢崩せず 初訪米、希望の相手に会えぬまま 辺野古、世論への訴えでは成果

有料会員記事

[PR]

 初訪米していた沖縄県玉城デニー知事が16日に帰国した。米軍普天間飛行場宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画阻止に向け、米国世論に直接反対を訴えるとの目的はある程度果たせたと総括した。だが、肝心の米政府は「辺野古が唯一の解決策」との姿勢を崩さなかった。

 「実りのある訪米だった」。玉城氏は帰国…

この記事は有料会員記事です。残り1217文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら