(書評)『中央銀行 セントラルバンカーの経験した39年』 白川方明〈著〉

有料会員記事

[PR]

 ■激動の時代、日銀の思想と行動

 著者は39年間日本銀行に在職し、最後の5年間は総裁を務めた。キャリアの前半期に日本経済のバブル化とその崩壊に遭遇し、後半期のグローバル金融危機東日本大震災に際しては日銀トップとして対応を迫られた。

 本書はこの激動の時代と対峙(たいじ)する、著者の、そして日本銀…

この記事は有料会員記事です。残り763文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら