[PR]

 養蚕業にとって、オスとメスを見分けるのはだいじな仕事である。熟練した職人が白い繭を手にとってながめ、鑑別した時代もあった。やがて、ある道具が取って代わる。はかりである▼養蚕が盛んだった長野県に「松本市はかり資料館」があり、大正期の雌雄鑑別器が展示されている。メスの繭が10ミリグラムほど重いのを利用…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも