乳がん、再建後も私らしいブラを 「やっとおっぱいと再会できた」 岡山大病院

有料記事

[PR]

 「自分のおっぱいと再会できた」――。乳がん手術で乳房を再建した後も、安心しておしゃれなブラジャーをつけたいという患者の声を受け、下着の相談に乗る岡山大学病院の取り組みが注目されている。「病に左右されず、私らしく生きたい」と願う女性たちを支える。(山内深紗子)

 「腫れが落ち着くと左右同じになるか…

この記事は有料記事です。残り1860文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。