[PR]

 ■プロ野球2018

 10月に行われたプロ野球のドラフト会議で、会場に最初のどよめきをもたらしたのは、投打の「二刀流」で注目を集めた根尾昂(大阪桐蔭高)でも、今夏の甲子園で活躍した吉田輝星(秋田・金足農高)でもなかった。楽天、阪神、ロッテと、いきなり3球団続けて1位で呼ばれた、「藤原恭大(きょう…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも