(評・舞台)国立劇場「名高大岡越前裁」 講談世界の表現、役者は奮闘

有料記事

[PR]

 河竹黙阿弥が神田伯山の講談から劇化した、八代将軍吉宗の御落胤(ごらくいん)、天一坊の事件「扇音々大岡政談(おうぎびょうしおおおかせいだん)」が、「名高大岡越前裁(なもたかしおおおかさばき)」として上演された。

 講談に描かれた物語は、立川文庫や時代小説の題材となり、時代劇映画で親しまれたのがおよそ…

この記事は有料記事です。残り652文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!