[PR]

 日本海海戦から約1カ月後の1905年6月30日。朝日新聞に「日本海海戦談」が掲載された。記事では「当日東郷大将の執られたる戦法が丁字戦法」とされた。この記事のベースとなったのが、大本営の広報担当だった海軍中佐・小笠原長生(ながなり)が、前日に東京都内で行った講演だった。多くの研究者は、この記事が「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも