[PR]

 戦後から平成へどういう小説が読まれてきたのでしょうか。文芸評論家の斎藤美奈子さんが、1960年代から現在まで60年間の日本文学の潮流を一気に解説します。ブームを呼んだ小説や時代の花形となった作家を考察しながら、同時代小説の魅力を再発見しましょう。昭和の古い作品を知らない人も、平成の新しい作品を知りたい人も、文学の味わいが広がります。

 ◇講演「日本文学、60年の歴史を知る」12月8日[土]午後6時~7時30分。参加費3888円

 ◇会場は新宿住友ビル。申し込みは主催の朝日カルチャーセンター(03・3344・1941)

 (朝日新聞社後援)

こんなニュースも