[PR]

 研究者が複数の大学や企業、研究機関の職員として働く「クロスアポイントメント制度」が広がっている。大学側は少ない経費で優秀な人材を雇うことができ、研究者の活躍の場も増えるメリットがある。一方、さらなる普及には課題もある。

 ■九大×北大

 九州大(福岡市)の岩下明裕・大学院法学研究院教授(56)は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも