[PR]

 出入国管理法(入管法)改正案をめぐる与野党対立が激しさを増している。野党は政府による失踪外国人技能実習生への聞き取り調査結果の誤りや資料の限定的開示を強く批判。与党は、野党が提出した葉梨康弘・衆院法務委員長(自民)の解任決議案を否決した上で、会期内の成立を目指す方針だ。▼社会面=実習生調査詳報

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも