山崎朋子さん(やまざき・ともこ=ノンフィクション作家・女性史研究家)10月31日、糖尿病のため死去、86歳。葬儀は近親者らで営まれた。

 近代日本の底辺に生き、海外で春をひさいだ「からゆきさん」を描いた「サンダカン八番娼館」で73年、大宅壮一ノンフィクション賞を受けた。夫で児童文化研究家の故・上笙…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも