[PR]

 アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で米中の対立により首脳宣言が採択できなかった問題で、中国外務省の耿爽副報道局長は19日の会見で、「強権政治と経済的ないじめの手法が大多数のメンバー国の反対に遭った」と述べ、原因は米国の姿勢にあったとの立場を示した。

 宣言をめぐっては、米国が世界貿易機関…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも