[PR]

 往時は惜しみない称賛を浴びながらも、死後忘れられていく画家は多い。ドービニーもその1人。自然や農村を描いた同じバルビゾン派のコローやミレーと比べ、今の知名度はちょっと寂しい。

 だが、かつては「水辺の画家」と呼ばれ、注文はひきも切らなかった。アトリエをしつらえた船で旅をしながら、自然を活写した。本…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも