[PR]

 「東郷平八郎を主人公とする勝利の物語」としての日本海海戦に酔ったのは国民だけではない。当事者の日本海軍もまた、勝利に呪縛された。

 日露戦争後、海軍は仮想敵国を米国とした。進撃してくる米艦隊を日本の近海で迎え撃ち、「艦隊決戦」で壊滅させる――。海軍は一貫して日本海海戦の再現を目指し、「帝国国防方針…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも