[PR]

 永青文庫が所蔵する近世絵画といえば、白隠(はくいん)、仙がい(せんがい)の作品がまず想起される。期待通り、会場には彼らの名品が並ぶ。私の大好きな白隠の「お福御灸(おきゅう)図」は、金の亡者とみられる男の尻に笑顔でお灸を据えるお福を描いたものだが、通期で展示されるのはうれしい。

 狩野派では、光信世…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも