[PR]

 東京大学(東京都文京区)安田講堂前の地下食堂に掛けられていた画家の故・宇佐美圭司氏の大作「きずな」が、食堂改修に伴い東大生協によって廃棄された問題を巡り、二つのシンポジウムが開かれた。「実物への敬意が下がっている」といった議論を通じ、現代社会での芸術の位置もほの見えた。

 安田講堂では9月末、同大…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも