ペットロス、木彫りで癒やす 表現し「再会」、死と向き合う さいたまの工房がセラピー

有料記事

[PR]

 失った愛犬や愛猫を木の像に彫って、悲しみを癒やす。そんな取り組みを、さいたま市の工房が始めた。亡きペットへの思いを形にすることで気持ちに区切りをつけ、前を向いてもらおうと「ペットロス木彫りセラピー」と名付けた。

 セラピーを開いている「木彫りすと工房」は、さいたま市浦和区の住宅街にある。昨年8月…

この記事は有料記事です。残り743文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。